水漏れが起こる時期

購入したばかりの新居で、キッチン周りの設置水やトラブルによって住み始めてすぐに水漏れが起こる場合や、素人の方がDIYの本などを購入して、セルフリノベーションなどを行って設置した場合には、水漏れが起こる時期は最初になりますが、一般的な職人さんが設置したような場合には、水漏れが起こる時期は、設置からおよそ10年が経過したタイミングとなります。

なぜ設置してから10年がキッチン周りの水漏れのタイミングになっているのかというと、水回りに使用している部品が消耗してしまい、故障しやすくなるのが10年というタイミングになっているからです。特に水回りに多くしようされているゴム製のパッキンは、キッチン周りの部品の中でも特に劣化しやすいパーツになっておりますので、10年が経過したタイミングでチェックし、劣化しているゴム製のパッキンに関しては交換する事が必要になるケースが殆どです。

キッチンの水漏れの症状で恐ろしいのが、ゆっくりと進行するのではなく、ある日、急に吹き出すように水漏れが起こってしまうのです。パッキンの劣化などは、徐々に劣化していく事は間違いありませんが、コップに徐々に溜まっている水が急に溢れるように水漏れが起こりますので、10年が経過したような場合には、いつ水漏れが起こってもおかしくないような状況ですので、注意が必要になります。